読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の私の日記

僕の私の日記や出来事を投稿しています。

赤い悪魔?! 一歩間違えれば怖いトウアズキとは

f:id:berezatv:20170118222307j:plain


皆様こんにちは。

さて、2月になりました。今年もあと10ヶ月(笑)。来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、あと10ヶ月と言うと、鬼が「微笑む」くらいですかね?


そしていきなりですが、「トウアズキ」ってご存知ですか?

アズキの一種かな、美味しそうなアズキ? など思い浮かぶかと思いますが、実はこれ「赤い悪魔」と呼ばれているものなんです。悪魔はブラックデビル、黒いんだよと突っ込まれそうですが、実はレッドデビルもいるんですよ。しかもかなり危険です。

さっそくこの赤い悪魔こと「トウアズキ」を紹介します。

 



トウアズキの危険度は?

 



さて、このトウアズキは属性がトウアズキ属、よく知られている小豆とは違うんですよね。

 

そして、トウアズキ漢方などにも使われています。だったら薬じゃないの? って思いますが、はい、薬でもあります。抗ガン剤の材料としても注目されているそうですよ。また80度以上の熱を加えると無毒化するので、トウアズキを煮て煎じて使うそうです。

しかし、薬にも毒にもなるのがこのトウアズキ、実に紙一重なんですよね。

トウアズキの種にはリシンの75倍の毒性があるアブリンが含まれているのです。これは非常に危険です。リシンとは世界五大猛毒の一つですからね。さらに、アブリンが血液に入ってしまうと死に至ります。怖い!!

トウアズキはとてもきれいな艶やかな赤い色をしていて、主にアクセサリーに使われていますが、トウアズキを使ったアクセサリー職人が針で誤って自分の指を刺して死んでしまった、という話があるくらいですから、いかに猛毒か、ですよね。

そしてイギリスではトウアズキのブレスレッドをしていた女性が、原因不明の吐き気や蕁麻疹、さらには幻覚まで出て苦しんでいたので、その後トウアズキのブレスレッドを外したら症状が改善したということもあります。


 

トウアズキは日本でも手に入るの?

 

 


さてこのトウアズキ、主にアクセサリーで使われるので日本でも販売されています。アマゾンで販売されていますが、今はこの事態を知ってかそれとも売り切れたのか、在庫なしと表示されています。

私は、こんな猛毒の危険な種子がネットで簡単に手に入るのが怖いと思いますけどね。

 


美しいものにはトゲがある、昔の人の見解は正しいですね! 納得です。