読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の私の日記

僕の私の日記や出来事を投稿しています。

幼稚園からお受験! 「東京御三家」がすごい

生活

 

f:id:berezatv:20170118074743j:plain



さて、お正月が終わるとすぐに春になりますよね。

そして春といえば、卒業と入学シーズン。とりわけ入学においては受験戦争で合格を受けた子供たちなどが、晴れて入学を迎えるおめでたい時期です。

またお受験といえば、世間ではすっかりおなじみになりました。そして、このお受験は幼稚園入園前からすでに始まっているんですよね…しかも、「東京御三家」なるものがあるんだとか。

最近では、お笑いの矢部浩之さんと元アナウンサーの青木裕子さんが、長男の幼稚園受験のために「東京御三家」を下見したらしいと話題になりました。

しかし、うちの子には関係ないわって思われる方が多いかも知れませんが、そういいつつも、ちょっとは興味がありますよね?


「東京御三家」って、いったいなんなのでしょう?

 



東京御三家ってなに?

 





さて東京では、幼稚園受験にもランキングがあることから、「東京御三家」と呼んでいます。

御三家と呼ばれている幼稚園は、

  • 若葉幼稚園(港区)
  • 愛育幼稚園(港区)
  • 枝光会幼稚園(港区と目黒区の4系列幼稚園)


です。

若葉会幼稚園は、三井家(旧財閥)が創立した幼稚園。歴史がありますね。
愛育幼稚園は、総裁が代々皇族として就任している、そうそうたる幼稚園です。
枝光幼稚園は、カトリック系で、入園倍率が10倍、小学校受験者が多くて有名だとか。

 


東京御三家の幼稚園に入園するには?

 

 



私からすれば、雲の上の幼稚園ばかりですが、3園とも入学試験は保護者(両親)を含む親子面接、幼児考査(30分から40分)などの試験があります。

ものすごい競争率なので、子供もですが親も面接でしっかりと観察されるのが特徴ですよね。なので、親子(いや、一家)で受験対策をしなければなりませんね。

ひょえ~、親子で受験、しかも幼児が受験だなんて...すごい世の中になりました。

東京御三家に通う子供たちって、

将来どんな大人になるんだろうか? って考えてしまいます。